2014年04月30日

離婚回避!離婚を突き付けられないために


熟年離婚が増えていますね。

他人事ではありません!

奥さんから、あるいは旦那さんから

突然、離婚を突き付けられてもおかしくありません。



何とか離婚を回避して、夫婦生活を円満に送りたいものですね。


夫のための熟年離婚回避マニュアル―妻から離婚宣告を受けないために




【関連する記事】
posted by 離婚回避 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

離婚回避マニュアル

皆さんが抱えているいろいろな「問題」というものは大きく分けると二種類あるということをまずは最初に理解していただきたいと思います。

一つは解決するために「考える必要のある問題」です。
そしてもう一つは考えても全く解決することのない、つまり「考えても何にもならない問題」です。

「将来の希望や予定」に対して準備を進める際には時には考える必要が出てきます。つまり、「将来の希望や予定」は「考える必要がある問題」になり得る訳です。

今まで成功者達が語らなかった!離婚回避マニュアル


これに対して、「考えても何にもならない問題」というものは、考えても全く解決に結びつくことはなく、考えるだけ無駄な問題ということです。

その一つに挙げられるのは、過去や将来の事を思いわずらうということでしょう。

過去の悔やまれることを徹底的に思い悩み続けることによって、過去に遡ることが可能になり、その問題を解決したりやり直したりできるのだとしたら、思いっきり悩むべきでしょう。しかし実際は、過去の事を思い出して、嫌な思いにどっぷりと浸ったとしても誰一人としてその過去に戻ってその問題を解決することなどできないのです。

「あの時あんな事をやらなければ今頃はもっと幸せになっていたはずだ」などと考える人がいますが、逆に、「あの時、別な事をしていたとしたら今頃はもっと悲惨な事態になっていたかもしれない」という論理も成り立つわけです。


今まで成功者達が語らなかった!離婚回避マニュアル



もしその問題が「考えても何の得にもならない問題」と判断されたならば、その問題を思いわずらうということがエネルギーの無駄づかい以外の何物でもないということを認識し、逆にその問題が「考える必要のある問題」と判断されたのならば、マイナスの感情を入れずに、冷静に、理性的にその問題について考えるべきでしょう。
タグ:離婚
posted by 離婚回避 at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。